テンションが上がる「のぼり」のコトバ選び

短い言葉でわかりやすく伝える

のぼりの言葉選びで重要視されているのが、いかにわかりやすく相手に伝えたい内容を伝えられるかです。
そのためまずは短文もしくは一言で伝えられるものを選ぶのがおすすめされていますし、見ただけでその言葉の意味を理解できるかどうかで見た人のテンションの上がり具合も異なります。特に不可解な言葉を使ってしまうと意味を理解するまで時間がかかってしまいますし、意味が理解できてテンションが上がったとしても疲労感を与えてしまうため思うようにテンションが上がりにくいと考えられています。
そのため短い言葉で見た人がすぐに理解できるものを選んでおけば、すぐに理解できる分とっさの行動力を引き立てられるのでテンションも上がりやすくなっているのです。どうしてもわかりにくいものだった場合はイラストも一緒に乗せておけば、より分かりやすくなるのでおすすめです。

お得感の有無は重要です

どんなに短い言葉でわかりやすい言葉選びをしたとしても、その言葉にお得感を感じなければ人はテンションが上がりません。特に消費者側としては「安売り」や「期間限定」などののぼりを見ると購買意欲が高まりますし、限定されたものや割引されたものに対してはテンションが上がりやすい傾向があるようです。
このような消費者側の意識を利用したのぼりの言葉選びはどのような店舗のものでもテンションが上がりやすいですし、お得感の有無は購買意欲の刺激にもつながっているので非常に重要視されています。ただしあまりにも過剰なお得感をアピールしたり複数ののぼりに同じような言葉を選んでしまうとかえって不信感をあおってしまう可能性があるので、程度を考えるのも大切です。

© Copyright Additional Banner. All Rights Reserved.