一言入魂!この言葉で集客アップ!

シンプルな短い言葉だけで勝負する

のぼりにどんな言葉を入れるかによって、集客効果は大きく変動してきます。一言に魂を入れる、シンプルな短い言葉で勝負するのも潔い方法です。ラーメンやパンといった、お店が何を売っているのかを表現するだけでも構いません。初めてのお客様が何のお店か判断できれば、来店する可能性も高くなるはずです。不利な立地の場合でも、営業中とのぼりを出すことで存在を大きくアピールできます。どんなに魅力的なお店でも、入るきっかけが生まれなければ集客にはつながりません。オープンしたばかりのお店だとしても、オリジナリティを出さずストレートな言葉で伝えることも大事です。少ない情報でも、内容が伝われば集客につながっていくでしょう。

限定のサービスや商品をアピールする

一日20食限りといった、限定の商品をアピールするのも有効な手段です。今しか食べられないなど、その時期だけのサービスを紹介するのも良いでしょう。限定という言葉をのぼりに入れるだけで、お客様に興味を持ってもらえる確率も上がります。普段はほとんど利用する機会がないお客様でも、限定につられて来店したというケースもあるでしょう。注意するポイントとしては、その日の限定数が終了したら速やかにのぼりを回収しておくことです。限定数が終了した後にのぼりをそのままにしておくと、限定が目当てのお客様からクレームがある恐れも考えられます。本日の限定数は終了しましたといった、わかりやすい看板を別に用意しておくと安心です。

© Copyright Additional Banner. All Rights Reserved.